ハンガリーワイナリー巡り ガイド 

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`buzzurl` not found]

本物のハンガリーワインを違いが分かる人によりよく知って頂き
ワインライフのワンステップアップのお手伝いをしたいと思っています。

試飲したものをワイナリーから直接購入できますので、ブタペストのワインショップより
高品質のいいワインが安く買えます。ハンガリー旅行のお土産にどうぞ
お土産の本来の意味のハンガリーでの思い出のおすそ分けになるからです。

日帰りはお勧めしていません

①プロフェッショナルプラン
●申込み:最終申込みは遅くとも14日前までの予約にて
●スタイル:
●価格:お見積りにて承ります。 お見積りは1件1、000円になります。

オーダーメイドプラン
●申込み:最終申込みは1週間前までの予約にて
●スタイル:
オーダーメイドでお客様のご要望に合わせてプランを作りますので
●価格:お見積りにて承ります。 お見積りは1件500円になります。
お任せプラン
●申込み:最終申込みは1週間前までの予約にて
●スタイル:ご要望をお聞きしてこちらから2点提案しますので一つを選んで頂きます。
●価格:お見積りにて承ります。 お見積りは無料になります。

④お任せ直前プラン
●申込み:2日前までの予約にて
●スタイル:1名様から3名様まで
●価格:1日あたり一名様は1万4千円 2名様合計1万8千円 3名様2万円
日本国内在庫ワイン購入千円割引券含む

ハンガリー大学院卒

ハンガリーソムリエ協会会員

片木 雄詞 katagi yuji

http://www.facebook.com/sweetwine

ss-Tokajhegyalja Japanese copy
http://ワインと和食.jp/contact/

どうしてプロは無償で仕事を依頼してはダメなのか↓

http://d.hatena.ne.jp/goto-ahiru/touch/20130207/1360241556

秘境と言われてしまう世界遺産のトカイワイン産地を訪れるために
「はじめに」

日本人の常識からみるとトカイワイン産地は

旅行者を歓迎しているかというと残念ながら違うと断言できる側面があります。

 

土曜日・日曜日にツーリストインフォ(観光案内所)が開いてる時間が平日よりも短い(08時から14時まで)ことからも

想像できるかと思います。

 

またその女性所長はブログにトカイのワインツーリズムはもう十分成果を出していると書いていました。

<かなり批判されてました。>

ハンガリー語しか聞いたことがないのですが、トカイの歴史を機械のように一方的に

説明していた印象が強い人です。良いうわさは聞かない人なんです。

もしかしたら英語ができないから自分のような外人(ハンガリー語ができても)と話したくない典型的な

共産主義の影響を受けている女性なのでは穿った見方もしてしまいます。

 

いいワインが多いのにこのようなことからも有名な産地ですが、ハンガリー人ですら

よく理解されていないワイン産地なのかもしれません。

このことを前提に考えてトカイワイン産地を訪れて欲しいです。

観光用のアルバイトが対応する大手ではないところでは、つまり

ワイン醸造家自ら対応するワイナリーでは、日本的な職人的側面が強く、

日本人の旅行者を断るところも出てきているようです。 ワイナリー側から日本人旅行者への苦情ではないとしてもなぜ時間に追われているかなども聞いています。

 

英語が話せずコミュニケーションがとれないことが大きな要因ではなく、

意思疎通が取れず、自分のワインをどう感じてもらっているか、反応があまりないことももお互いに誤解を生んでいるのかもしれません。

より良いものを作ろうとしているつくり手は、やはり感想や批評を聞きたいはずです。

違いが分かる人に自分たちが作ったワインを長く愛飲して欲しいと考えているように感じます。

またワイン醸造家みずからワインの説明をしてテースティング代を取らないのは

初めての方への歓迎の意味と共に、自分のワインに誇りを持っているからだと思います。

もし気に入ったワインがあったら、これも「一期一会」ですから1本でも購入されること勧めます。 良いたとえではないかもしれませんが、ホームパーティに招かれているゲストと思ってもらえればいいと思います。

 

自力で行動される方は、

大手の外資系ワイナリーで予約なしで大丈夫な<ディスノーク・オレムス・デレスラ>などをお勧めします。

ハンガリーも飲酒運転を厳しく取り締まっています。アルコールゼロです・トカイ村周辺で取り締まり多いです。

 

移動手段が電車の場合はトカイ村の中心にあるヘートスール<HÉTSZŐLŐ>

 

急遽お休みなどで閉めるワイナリーもあるのでできる限り予約したほうがいいです。

電車のチケットの購入のしかたや乗り方・電車の時間に気をつけてください。日帰りはお勧めしません。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2016年6月更新

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`buzzurl` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA